テレビ

アンジー殺害の犯人はクリストファー?真犯人がいる?母親の懸命の捜査で明らかに

2月11日の夜9時から「ワールド極限ミステリー」という番組が放送されます。

この番組は世界各地で起きた事件を紹介して、その謎に迫っていくという番組です。

そして今回の放送では2時間にわたって、二つの事件が紹介されます。

一つは日本で起きた9億円横領事件。もう一つがアメリカで起きた史上最大の冤罪事件です。

この記事では、アンジーという18歳の少女が殺害された事件を紹介します。

 

事件の概要

事件の概要を紹介します。

アメリカで18才の少女が殺害された。その少女の母と逮捕された男が、ついには法廷で抱き合うシーンに全米が騒然!何があったのか?
実は、この事件はアメリカ史上最悪の冤罪事件だった! 男の冤罪を証明したのは被害者の母親だった。疑問を抱いた母親が独自に捜査を進めると意外な事実が明らかになる。
そして真犯人を暴いたのは、アメリカでは広く知られているDNA鑑定法だった。先祖のDNAから犯人を割り出すことができるという、最新の家系図的DNA鑑定とは?

(ワールド極限ミステリーホームページより引用)

事件が発覚してすぐにクリストファーと言う男が逮捕されます。

しかし、この男は主犯ではなかったのです。

それはアンジーの母親の懸命の捜査で明らかになります。

証人台に上がったアンジーの友達が嘘をついていたと10年後に告白したのです。

衝撃すぎますよね

その嘘とは、裁判が始まって少しのころ刑事に嘘の証言をするように脅されていたのです。

なぜならその友達はドラッグをやっており、証言をしないと逮捕すると言われたそうです。

最悪の刑事たちですね。信じられません。

 

script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">
="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">