時事

槇原敬之覚せい剤再犯の時期はいつから?今後の活動はどうなる?

歌手の槇原敬之さんが覚せい剤所持の疑いで逮捕されました。

実は槇原さんは以前にも覚せい剤保持の容疑で逮捕されています。

今後の活動や賠償金などに注目が集まります。

この記事では現在報道されている槇原敬之さんの情報を簡潔に紹介します。

芸能関係者の薬物関係の話題が絶えないですね。

槇原敬之が覚せい剤保で逮捕

 

歌手槇原敬之(50)が13日、覚せい剤取締法違反(所持)と医薬品医療機器法(旧薬事法)違反の疑いで警視庁に逮捕された。
槇原容疑者は午後4時45分ごろ渋谷区神宮前の自宅で逮捕された。
逮捕容疑は2年前に、港区の一室で覚せい剤0・083グラムや危険ドラッグRUSH(ラッシュ)を所持していた疑い。警視庁は認否は明かしていない。
槇原容疑者は99年8月に覚せい剤取締法違反で逮捕され同年に懲役1年6月(執行猶予3年)の判決を受けている。
99年12月8日の判決公判後、槇原は「今後絶対にこのようなことを起こさないことを堅くお約束します」と書いた直筆ファクスをマスコミ各社に送付していたが、21年の時を経て2度目の逮捕となった。
槇原容疑者は今年歌手生活30周年。公式ホームページに特設サイトを立ち上げていた。秋冬ツアーの開催も予定されており、夏にはベストアルバムの発売も決まっていた。
インスタグラムの槙原敬之スタッフ公式アカウントには、12日夜に槇原容疑者写真とともに「本日は日本テレビ『バズリズム02』の収録でした!収録へお越しくださったみなさん、ありがとうございました!2月28日放送です。ぜひご覧ください」と投稿した。

同容疑者の公式ツイッターには今月9日に、飼い猫の写真が投稿されており、「朝どら(笑)おはようございます!」と記している。
◆槇原敬之(まきはら・のりゆき)本名・槙原範之。1969年(昭44)5月18日、大阪府高槻市生まれ。5歳のとき、保育園の先生が弾いたベートーベン「エリーゼのために」に感動し、ピアノを習い始め、高校までレッスンを続ける。浪人中の90年、シングル「NG」とアルバム「君が笑うとき君の胸が痛まないように」でデビュー。3浪して青学大に入学も中退。91年「どんなときも。」が大ヒット。同年、NHK紅白歌合戦に出場、日本レコード大賞新人賞を獲得。「もう恋なんてしない」などヒット曲多数

(ライブドアニュースより引用)

覚せい剤の前科があった槇原敬之

本名:槇原敬之(まきはら のりゆき)
生年月日:1969年5月18日
出生地:大阪府高槻市
身長:176cm
職業:シンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家、音楽プロデューサー
ジャンル:J-POP
事務所:ワーズアンドミュージック

1999年8月26日、覚醒剤所持の情報を得て内偵中であった警視庁関係者の捜索を受け、自宅から覚醒剤が発見されました。

覚醒刺取締法違反(所持)現行犯により、友人の奥村秀一氏と共に逮捕されます。

その後の調べで、9月3日にMDMA(幻覚剤)所持が発覚しました。

この逮捕により一時的に7億円もの借金を抱える事態に陥ったとされます。

9月9日、300万円の保釈金により保釈されます。

12月8日、懲役1年6ヶ月、執行猶予3年の有罪判決が下されました。

その後、所属事務所を以前のワーナーミュージック・ジャパンに復帰しています。

 

まだまだ芸能界には覚せい剤を使っている人がいるのではないでしょうか。

 

 

script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">
="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">