未分類

予備校に行くべき?それとも宅浪?

はじめまして!アーロンです(^^♪ 大学受験も終わり、第一志望に合格し、夢のキャンパスライフに胸を躍らせている人、残念ながら志望校に合格できず浪人しようか悩んでいる人様々いると思います。

今日は、残念ながら志望校に合格できず浪人を決意したそこのあなたに、予備校に通うべきか、それとも宅浪(自分の家や図書館で自分一人で勉強する)を選ぶべきをテーマに、それぞれのメリット・デメリット紹介して自分にはどちらが適しているか検討する機会にしてくれたらうれしいです。

ちなみに、わたくしアーロンは北〇州予備校で一年間浪人していました。(寮生)

ネールー
ネールー
志望校に無事合格したみんなおめでとう(^_-)-☆


大学はサークルやバイトなどたくさんの人と関わる機会が増えるからとても楽しいよ!
それに、長期休みも多いから海外などに行けるチャンスも増えるよ☺

残念ながら志望校に合格できず浪人するみんな、浪人は大変だとは思うが、

合格した人には体験できない自分の限界を超える努力、そして同じ目標に向かって努力する意識高い友達ができるので一生の友達もできるよ!

そして合格をつかみ取った喜びは現役の比じゃないはずだ!
がんばれ🔥🔥🔥🔥🔥

アーロン
アーロン

予備校のメリット・デメリット

①受験のプロの講師の講義を受けられる  一番大きなメリットはこれだと思います。予備校の先生が言っていましたが学校の先生と予備校の先生の一番の違いは、学校の先生は学習面はもちろんのこと、生活面・道徳面での指導が求められます。

一方予備校の講師は、受験に合格するためだけに生徒を教えるのであって、学習指導に全力を注ぎます。

そのような点を含め、学校の先生になる人は子供と触れ合うのが好きだからという理由などでなっている人もいますが、予備校講師は、、学習の指導面に絶対的な自信を持っている人が多いので、授業の質という意味では、予備校の授業はとても高いです。

②意識が高い仲間からの刺激でモチベーションの維持ができる 大金を払って予備校に通うわけですから、受験に対して並々ならる思いを持っている人が予備校には集まってきます。

そんな仲間とともに過ごす日々は毎日が刺激的で「頑張ろう」と思わせてくれます。また、そのような、苦楽を共にした仲間は一生の友達になれることだってあります。予備校でできる友達は、のちの人生でもとても大切な存在になるでしょう。

③時間割があるので強制的に時間を確保できる 予備校では、時間割が設定されているので、計画が苦手な人や自分から勉強に取り組むのが苦手な人は、半強制的に勉強時間が確保できるのでとても良いです。

ネールー
ネールー
予備校に通うデメリットは?????

予備校のデメリットは何と言っても金銭面です。

しかし、第一志望校に合格できるのなら投資する価値はあると思います。それぞれの経済事情を考慮して検討してみてください。

宅浪のメリットデメリット

続いて宅浪(予備校に通うことなく独学で勉強)のメリットを紹介していきます。

①お金がかからない 一番のメリットはやはり経済面の負担が少ないことところです。予備校に行くと、授業代、教科書代、夏期講習代、冬期講習代など含めると約80万円(大手三大予備校の授業料の平均)かかります。

さらに寮に入ろうとするとプラス60万円程度かかります

このように大金がかかってしまいます。しかし宅浪なら無料になります。

②一日を自分で計画できる これはメリットにできるかデメリットになるかは本人次第です。計画を自分で立てればやる気にもつながりますしその日の計画はその日のうちにやらなければいけないという気持ちにもなります。

しかし強い気持ちが無いと続きません。

自分の友達には、初めの一年は予備校で浪人したけど合格できず、2年目に宅浪して見事合格した友達もいます。

ネールー
ネールー
宅浪のデメリットは?????

やはり宅浪のデメリット、受験・志望校に対する強い気持ちが無いと一年間勉強のモチベーションを保つことができないところです。

まわりに意識が高い友達がいないので、常に孤独との戦いです。一回さぼってしまえば、さぼり癖がつき再びモチベーションを高めることは困難になります。なので宅浪を考えている人はそれなりの覚悟が必要です。

予備校・宅浪にはそれぞれ良いところ悪いところがあるんだよ。
アーロン
アーロン

どうだったでしょうか。

予備校・宅浪、それぞれのメリット・デメリットを考慮して、自分に合ったほうを選択してみてください。浪人する期間はとても苦しくきついですが、その努力が必ずその後のの自信になります。頑張ってください!

皆さんに素晴らしい来春が来ることを祈っています。